05月06日(水・祭)新型コロナウイルス感染症 ③ 抗ウイルス薬

index.jpg

新型コロナウイルス感染症は世界的には日本を含め拡大は衰えてきてるように見える・・・

一方指導者が個性的な米国、ロシアやブラジルの拡大が止まらない・・・

症状と治療2.jpg

日々が立ち感染者治療、予防法が確立しつつある・・・

三つの柱が基本になる・・・

ワクチンの開発・・・抗ウイルス薬・・・サイトカインストームの克服・・・

●抗ウイルス薬・・・

20180226215738.jpg

■ノイラミニダーゼ阻害薬

・オセルタミビルリン酸塩(タミフル:内服薬)
・ザナミビル水和物(リレンザ:吸入薬)
・ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(イナビル:吸入薬)
・ペラミビル水和物(ラピアクタ:注射薬)

複製ウイルスはノイラミニダーゼ酵素の働きによって細胞の外へ出る・・・それを阻害する薬がノイラミニダーゼ阻害薬・・・

耐性ウイルスが出現する・・・

■M2蛋白機能阻害薬

・アマンタジン塩酸塩(シンメトレルなど:内服薬)

ウイルスは、侵入後に自身の膜をやぶり細胞の中にRNAを放出する・・・それを阻害する薬がM2蛋白機能阻害薬・・・

耐性ウイルスが出現する・・・

■RNAポリメラーゼ阻害薬

・ファビピラビル(アビガン:内服薬)

・レムデシビル(ベクルリー:点滴静注)

放出されたウイルスのRNAは細胞の核内に取り込まれ、ウイルス遺伝子が作られる・・・それを阻害する薬がRNAポリメラーゼ阻害薬・・・

耐性ウイルスが出来ない・・・

■キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬

 ・バロキサビル(ゾフルーザ錠:顆粒)

20200119194003.png

■プロテアーゼ阻害薬

 ・ロピナビル, リトナビル(カレトラ:配合錠・内服液)

ウイルス粒子が成熟する段階でペプチドを切断する酵素を阻害する薬・・・

●大変期待されている抗ウイルス薬・・・

unnamed1.jpg

①ファビピラビル・・・アビガン・・・錠剤・・・

remdesivir.jpg

②レムデシビル・・・ベクルリー・・・

この二つ、効能はほぼ同じ・・・

明確の違いはアビガンが錠剤であること・・・

アビガンが良く効くと聞いてるが、錠剤なので重症患者じゃ飲めない・・・

なので飲み込めない程の患者はベクルリーになるだろう・・・

●イベルメクチン・・・

効能は抗寄生虫なのに今話題の薬・・・

世界中に出回っているし副作用もほぼない・・・

途上国を救ったノーベル賞薬が夢の薬になるのだろうか・・・

SARS-CoV-2が複製するときの蛋白質の生産を阻害する効果があるみたいだ・・・

この仕組みは難しくて良く分からない・・・

#科学 #病気 #災害 #コロナ #コロナウイルス #微生物 #ウイルス #細菌 #真菌 #RNA #DNA #COVID-19 #SARS-CoV-2 #アビガン #感染症 #レムデシビル #サイトカインストーム #川崎病

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント